カテゴリ:出会う日までのこと( 26 )
遠くてとっても近い職場復帰のこと
出産後のことを考えて、頭を悩ませていたら何故か仕事の夢を見ました。
なんで~!?

産休を取って以来、仕事のことはすっぱり忘れていたし、思い出しもしなかった。職場から電話があっても「はぁ・・・」と気のない言葉を吐くだけで、仕事モードにもならなかった。

なのに出産後の職場復帰を考えていたせいだろうか、ノートパソに向って仕事している夢をみた。なんかリアル。
産休を取るまでは、なれた部署だったので定時に帰る事も可能だし、自信もあったけど復帰するときっと新しい部署に配属されると思う。そうすると新人と変わらないから、でも要求されるのは中堅社員の能力だと思うので仕事をちゃんと定時までにこなせるのかどうかが不安になってくる。

まだまだ先の話なのに。
出産だってまだなのに。

あーあ、不安だらけだ。
夢に出てくるなんてっ!!
[PR]
by moony_moony | 2006-06-01 11:35 | 出会う日までのこと
マタニティーブルー予備軍
仕事は続けるつもりです。

予定としては出産後半年ぐらいで職場復帰。でもそれはうまく預けるところが見つかれば、の話。
でもいろんな育児サイトではワーキングママの苦労話が絶えなかったりする。読んでいると、ちょっと不安になったり。
「手伝うよ」と同居人は言ってくれるが、彼の出勤は朝6時前で、帰宅は夜10時過ぎ。
で、一体何を手伝うのさ?と愚痴りたくなる。
結局は私が保育所に連れて行き、迎えにいき、食事を作り、世話をするんだろう、と思うと徐々に気が重くなる。
「なんとかなるさ」と同居人が言うと、それが余計カチンときて睨みつけてしまう。

何とかなるようにするために、私がこんなに一生懸命頭を悩ましてるのにっ。

情報化の時代、世界の育児情報が耳に目に飛び込んでくる。
特に北欧やヨーロッパでの国の育児得の取り組み方や考え方を見てると、わが国日本、全然駄目じゃん。



少子化対策を考えてるのが、育児とは程遠い頭の固い年取ったオヤジばかりだもんね。猪口大臣も一応頑張ってるものの、なんだか的外れだし。



毎日2時間近く歩いてます。
その疲れもあるのかな、育児への不安もつのり、なんだかイライラしてます。
もしかして、これをマタニティブルーというのかもしれない。


38週目に入った今、車で10分程度の実家に里帰りします。
今日は自分が寝泊りする部屋を掃除に行きましたが、あまりの汚さに呆然。せっせと掃除機からぞうきんがけをして汗水を垂らしてきました。
こんなに近いんだから里帰りしなくてもいいよなぁ、と思ってしまうんですけど孫の世話を焼きたい両親の気持ちは嬉しいので、甘えることにします。
同居人も「お世話になります」と何故か一緒に里帰りの予定。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-31 11:35 | 出会う日までのこと
お金のこと
先日、とある理由でまとまった金額が口座に振り込まれました。
出産を控えたこの時期、とても有難い事です。
正直言って、妊娠→出産→育児に掛かる費用は決して安くありません。

少子化の理由の一つに「お金がかかるから」という意見もある。でも、実際子供を身篭ってみて、「お金がかかるから」というのはまだ身篭っていない人の客観的な意見なのかもしれない。
日々育っていく胎児の胎動を感じると、「お金は問題じゃないな」と思うこともある。以前某テレビ番組で、世帯年収400万以下で子供を5人抱えている家庭をピックアップされていた。
「高級ブランドバックはほしくないですか?」の質問に
「欲しいと感じるときもあるが、私には子供がいて、それが財産・・」みたいな回答を母親が出していた。
生活は決して楽じゃないが、子供がいればハッピー。

それも分かるような気もする。でもやっぱり私は納得できません。
子供がいればハッピーなのは、親の気持ちであって子供当人はどうなのよ、って感じ。
子供の存在は計り知れないものはあるのは納得だし、実感してます。
子供自身はもしかしたら、もっと美味しいものを食べたいだろうし、可愛い服を着たいだろうし、自分だけ居場所も欲しいだろうし・・・、もっと色んな世界で勉強したいかもしれない。
一番良いのは、生活は楽で、子供も親もみんなハッピー!でしょ?(当たり前だけど)

私は子供にそれなりの衣・食・住と、教育を分け与えたいし、それを共有したい。そうなると子供を4人も5人も産めないなぁ。
ま、もちろん「それなり」という基準は人それぞれですから、私の「それなり」を他人に押し付ける気はありません。


出産前、夫婦共々正社員で共働きのとき、税金や社会面で一番損をしてる部類に入っていたけど、今は子供を産んでトントンになるのかな、と思い始めてきた。


子沢山のおかげで生活が苦しく生活保護を受けている家庭は少なくない。
なんでも世帯収入の低い順でランク付けして、税金を含め国や市の恩恵を享受しているのはそういう家庭で、ごく一般の平均世帯収入の家庭はいつも後回し。

なんだかおかしな国だなぁ。
とどのつまり、子供を育てるにはお金がいるってことです。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-28 11:48 | 出会う日までのこと
日傘
毎日歩いてます。

てくてくと。
そろそろ日差しがきつくなり、帽子だけでは紫外線をシャットアウトできなくなっちゃいました。
折りたたみの日傘を常備してますが、普通の(折り畳みじゃない)日傘の方がやっぱり大きいし、しっかりしているような気がするので普段使いはそっちです。

先日新たに日傘を購入~。
日傘は好きで、毎シーズン買っているため家には日傘がゴロゴロ転がっている。それなのに、雨傘がありません。あるのはコンビニで討っている500円傘。
でもこの500円傘は侮れません。

だって、ジャンプ傘なんだよ。
視界のいい透明ビニルなんだよ。
大きいし、透明だと洋服を選ばないんだよ。
そして軽いんだよ。

雨の日はいつもデパートで高級傘を前にして悩むんですけど、結局柄も選べずコンビニに行く私でございます。


ところで、歩き出すと腰よりも足(特にふくらはぎ)に負担がくるような気がする。重いお腹を支えて頑張るふくらはぎ。
膝を悪くしないように気をつけなければなぁ。

歩くときはなるべくスポーツシューズにしてますけど、運動靴と日傘って合わないんだよなぁ。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-25 12:21 | 出会う日までのこと
ピンクのひらひら
腹の子供が女の子だと分かってから、同居人の街中での行動が不審になりつつある。
どうやら女児を見つけると、じーーーーーーーっと観察しているのだ。それだけではなく、にんまりと笑い、挙句の果てには今にも声をかけそうなぐらいで、そばにいる私はハラハラする。
いろんな事件が起こっている昨今、こういう行動はヤバイって。

まだ妊婦姿の私が隣にいる場合は、周囲の人も温かい目で見てくれるだろうが(ああ、お子さんが生れるのね、って感じで)、1人で街中を歩いてその挙動不審な態度に、いつかは警察から電話が掛かってくるんじゃないかと、マジ不安ですばい。


私自身、女の子と分かって何か変わったか?というと、やっぱりパステルピンク系のものを物色するようになったかな。
物色するだけで買わないけど・・・。
と、いうか甥っ子が幼少時代に使用していたのおもちゃや衣類が実家から次々と運ばれてきて家が色んなモノで溢れかえっているのですよ。
これ以上はイランですばい。

滑り台から、ジャングルジム。大型プールに知能玩具。屋根裏に積み上げられる絵本の数々。

姉はブランド志向なので、頂けるものはそれなりに高価であり、ありがたいんです。でも、やっぱり男児用なので色は渋いかな。
いい加減なワタクシですので、そんなこと気にしなーい。渋い女児もアリかな、と。

一方同居人のほうは、目に入る女児用のピンクのひらひらなんかを見ると、今にも購入しそうな勢いなんだなぁ。素通りしてしまう女児用品コーナーも、じーーーーっと見ている同居人はやっぱり怪しいと思う。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-21 21:30 | 出会う日までのこと
育児教室
やたらめったら甘いものが食べたくなる。
こんな状況に自分でも飽き飽きしてくる。甘いものを食べた後は塩辛いものを。

体に良くないとわかっているから我慢するんだけど、ストレスが溜まっちゃうんだよね。それで、自分で作ってみるか・・・と重い腰を上げる。
バナナを大量に買い込んだので、バナナケーキ、バナナパウンド、バナナスコーン、などなど一気に作り上げる。

それってどうなの?

でもいずれのケーキも数日置いた方がしっとりして美味しいので、今日は一口味見程度につまむ程度。
でも作るだけで満足したのか、それとも作ってる最中の甘い臭いにううっときたのか、必要以上に要求することはありませんでした。

そうか、作ってみるといいんだな。


そうそう今日は育児教室で、初めて同居人が一緒に参加しました。
乳幼児の沐浴の入れ方や、ちょっとしたお世話の仕方などを学ぶ会です。夫婦で参加している人が多くなんだか微笑ましかったです。
次は来月の市の主催する育児教室です。
「絶対参加したい」と同居人は言ってくれますが、私の予定としてはその頃に出産したいなぁ、と。もちろん予定日より少し前ですが、なんとしても安産を目指してますから、動き回らねば。

なので、今日も病院までの往復1時間を同居人を引き連れてくてく。そして家の掃除を頑張りましたよ。
雑巾掛けが(四つんばいになるのが良いらしい)安産の秘訣なので、せっせと床を磨きました。

明日は早朝から万博公園で散歩の予定。
午後は久方ぶりの芸術の友たちと都合がつけば会う予定。
しっかり歩いて、しっかり体力をつけて、安産を目指さねば!!
[PR]
by moony_moony | 2006-05-20 21:31 | 出会う日までのこと
名前
名前について、色々迷ったけれどとりあえず決定。

本を読んだり、ネットで検索したり。
一番為になったのは、命名研究家(そんなのいるのね)牧野くにお 先生のサイト

要は夫婦二人でよく考えなさいよ、ということ。
字画や姓名判断など、色々情報が溢れているけれど、一番良いのは両親が好きな名前であること。
人に相談したところで、それはその人の好きか嫌いかの回答であり、相談にはならないのだ。

なるほど。

その意見を汲んで、私と同居人は二人であれやこれやと考えた。
かといって、運勢の悪い名前はいやだし・・・と思いつつ幾つもの名前を考え、このサイトの姓名判断によって絞り込んだ。

我母親は、祈祷師さんにみてもらおうか?と言うが神がかってしまうのもなんだかなぁ、と。
やっぱり産まれて来るまで誰にも内緒で夫婦で決めよう、と同居人とこっそり考えました。

名前を決めるとちょっと肩の荷が一つ下りた感じ。
さて、これからは給付金を調べたり、お役所への届出などの漏れがないように書類関係の整理整頓を始めなきゃね。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-19 15:17 | 出会う日までのこと
ソフロロジー分娩
今日はソフロロジー教室。
前回は ソフロロジーとは何ぞや?の講習でしたが、今日は実際やってみようとエアロビスタジオのようなところに集まりました。
マットの上に胡坐をかいて、呼吸法から。

妊娠前、というか小さな頃から体は柔らかくて体操の時間に得することが多かった私。だもんで、出産時は体を柔らかくしたほうがよい、と言われているが特に深く考えなかった。
今回ヨガに近いポーズをとることもあったけど、難なく出来た。

ところで体の柔軟さって、生まれつきだと思う。
もちろん日々の努力もあるんだろうけど、わたしゃなんの努力もしてないもん。なのに、開脚も楽々だし、前屈だって大丈夫(今はお腹がつっかえて駄目だけど)
ところが我姉はめちゃめちゃカタイ。
その反対に、私は筋肉がつきにくくぶよぶよ体質だけど姉は筋肉がつきやすく体が締まっている。
同じ姉妹でもバストの大きさは3カップほど違うし・・・。不思議ですな。

さてさてソフロロジーの話に戻ると、実際のソフロロジー分娩をされた方のビデオを観た。いやー、まじ苦痛なく穏やかな表情で出産されてました。マタニティ雑誌で見ていた苦痛な表情もない。
ひたすら精神を落ち着けることに集中し、ほとんど自分の世界へ。一緒に付き添っていた夫は置いてきぼりで、オロオロしていたのが目立った。
で、子供が生れた瞬間も非常に落ち着いていて、夫が1人感激して泣いていたのが対照的だった。


ソフロロジー・・・、不思議な世界だなぁ。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-19 13:42 | 出会う日までのこと
10ヶ月検診
検診でした。
37週目に入ります。10ヶ月めですね。
体重は微妙に増加していたものの、臨月に入ったし、今さらどうこう言われたって平気よ!の開き直りであまり気にせず。

前回子宮口が柔らかいといわれ、気分を良くしてましたが今回はそうでもないみたい。下がり気味だった胎児も元のとおりになっているし、子宮の開き具合もごくごく普通。

胎児おおよそ2800グラム。
頭と足が相変わらず大きいらしい。で、いつもは小さめの胴回りが今回は成長したのか大きくなって標準に。
医師は一言。

「大きくなると(お産が)しんどいよ」

ちょっとドキっ

「あのー、胎児を小さくする方法ってないんでしょうか?」と愚問なことを言う私。
医師はキッパリ

ないっ

ああ・・そうですか。


しっかり動きなさい。毎日歩いて、動いて、お腹が張っても動いて、そうすると早くお産がくるから。
と、何度も念を押されて家に帰ってきました。

正直言って、病院までの往復1時間の道のりをてくてく歩いてますが、結構しんどいんですよね~。家に帰るとぐたーっとソファに寝転んじゃうもん。
最近は2時間ぐらい昼間にうとうとしてるし。
動けといわれても、すぐ疲れるしなぁ。


・・・・とボリボリとお煎餅をかじりながら「ちちんぷいぷい」を見る私でした。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-19 13:41 | 出会う日までのこと
ディズニーランドに行きたい!
これは私ではない。
私はあまりディズニーランドに興味はない。どちらかというと、長島スパーランドとか、絶叫マシーンがある遊園地が好きだし、地元大阪のユニバーサルの方が好み。
ネズミに興味はない。

幼児用品だって、出来ることならディズニーは避けたい。

で、誰がディズニーランドに行きたいか。


それは同居人である。彼はいずれ産まれて来るであろうあなたとディズニーランドに行くのが今の希望であるらしい。

「ええー、そんな人ごみの多いところに行くの? ネズミ観たって楽しくないよ」と私。
「いいねん。子供と二人で行くから」

そうきたか・・・。
そう、彼はすでにあなたと二人きりの旅行を計画しているらしい。
ご苦労なこって。
[PR]
by moony_moony | 2006-05-15 22:25 | 出会う日までのこと